Brush

ブラシ

猫用のブラシです。スタンダードなブラシや猫が自分でグルーミングできるタイプのものまでいろいろあります。

■最安価格:サクセス 頭皮洗浄ブラシ(¥520 / H0mm)
■最大価格:ペット用サイクロンクリーナー PCC-100CTK-D(¥13500 / Hmm)
  • $price(スライダの価格) :
  • $min_price(カテゴリ内の最小価格) :520
  • $max_price(カテゴリ内の最大価格) :13500
  • $height(ドロップダウンメニューで選択した高さ) :
  • $min_height(高さ) :
  • $max_height(高さ) :
  • $material(ドロップダウンメニューで選択した素材) :
  • $cat_url :https://nekogoods.info/item/brush
  • $url_param :
対象商品:36
価格上限
¥0
¥14,000

ブラシを選ぶときのポイント

猫のブラシにはダブルコート用、あるはシングルコート用と書いてある場合がありますが、聞いたことのない方は「何それ?うちの猫はどっちだろう?」と迷ってしまうかと思います。
ダブルコート、シングルコートというのは毛の生え方の種類を表す名称のことで、猫の品種によって異なり、猫の毛に合わせたブラシを選んであげることが大切です。
それぞれの特徴をまとめてみました。

ダブルコート

被毛がアンダーコート(下毛)とオーバーコート(上毛)の二重になっているタイプで、春と秋にそれぞれの毛が入れ替わります。
アンダーコートは寒くなってくると体温を保つために生えてくる柔らかい高密度の毛ですが、春になると不要になりゴッソリ抜けるため、この時期は毎日ブラッシングしてあげましょう。
ちなみに毛の長さはロング(長毛種)、ショート(短毛種)で区別されます。毛が長いからといってダブルコートとは限りませんので気をつけましょう。
ダブルコートの品種はアメリカンショートヘア、アビシニアン、ロシアンブルー、ブリティシュショートヘアーなど、寒い地域や国出身の猫に多いと言われています。

シングルコート

ダブルコートに対して被毛が一重構造になっているタイプで、毛の生え変わる換毛期がありません。
厳密にいうとダブルコートと同じく二重構造になっているのですが、アンダーコートの量が毛の量の大部分を占めているためこのように呼ばれるようです。
シングルコートの品種は、シャム、レックス、ターキッシュ、アンゴラ、ソマリなど、暑い地方出身の猫に多いと言われています。