遊びながら食事ができる迷路のようなフードディスペンサー

SENSES2.0 フードツリー


SENSES2.0 フードツリーはちょっと変わった猫用のフードディスペンサーです。


迷路のようなタワーの中に入れたドライフードを、手で転がして下の皿に落として食べます。中央のディスクを回転させることで難易度を3段階に変更することができるため、ごはんをあげると一度に食べてしまうような猫の食事ペースを調整するのに効果的です。ドライフード以外におもちゃを入れて遊ぶこともできます。


我が家の猫は大さじ2杯のドライフードをボウルに入れると約10秒で食べてしまうのですが、このフードツリーを使うと3〜5分くらいはかかるので、一気に食べてゴホゴホむせてしまうことがなくなりました。


最初は一粒一粒を一番下の段まで落として食べていましたが、慣れてくるとカリカリを手元まで引き寄せ、手の差込口から直接食べるようになってしまいました(我が家では「ダイレクト食い」と呼んでいます)。それでも一気に食べてしまうよりは良いので、それほど問題はありません。

何よりも一生懸命食べている姿が面白くて可愛いので、ドライフードが好きな猫にはおすすめです。

他にもこんな猫の食器があります

catitにはこんな猫グッズもあります