猫2匹と暮らすのにかかった年間費用(2015年版)

猫2匹と暮らしていて2015年の一年間にどのくらいの費用がかかったのかをまとめました。

猫2匹と暮らしていて一年間にどのくらいの費用がかかっているのかをまとめてみました。これから猫と暮らそうと考えている人や、家族が増える予定の人の参考になれば幸いです。

管理人と一緒に暮らしている猫たち

ずっと猫(14歳)と暮らしていましたが、2015年の3月に新しい猫(2歳)が家族に加わったので、現在は2匹と暮らしています。猫(14歳)は過剰にグルーミングをする癖があるので、カラーを付けています。おしゃれとかではありません。

カテゴリ別にみる猫の費用

昨年一年間にかかった費用をカテゴリ別に分類しました。円グラフからはそれぞれの支出が全体に占める割合がわかります。

費用の内訳
内容 費用
猫(14歳)の病院診療費 ¥70,799
猫(2歳)の病院診療費 ¥55,071
ごはん・おやつ ¥35,556
トイレ用品 ¥26,239
おもちゃ、爪とぎ、タワー ¥23,121
書籍、その他 ¥4,444
合計(円) ¥215,230

一番コストが高かったのが動物病院で、2匹合わせて約12万円、全体の約60%を占めています。
詳しくは後述しますが、今年は抜歯手術や去勢手術などがあったので例年よりも高額になりました。

ちなみに、病気や怪我をせずに、全く病院のお世話にならなかった場合(つまり病院関連の費用がなかった場合)は、年間トータルで約90,000円くらいになるかと思います。

猫(14歳)の病院にかかった費用

猫(14歳)の2015年の診療費は約70,000円でした。

こちらの猫は2015年8月に歯の治療(破歯細胞性吸収病巣)のため抜歯手術を行なっており、その手術費用がほとんどを占めています。

歯以外は非の打ち所がない健康体なので、もし手術がなければ病院の年間費用は10,000円程度だったと思います。

主な診療項目は下記の通り。

  • 歯科処置(抜歯4本):50,000円
  • 血液検査(10+5項目):9,000円
  • 尿検査:1,500円

抜歯後は顔が腫れたり、お粥しか食べれなかったりと、いろいろ大変でしたが、今はすっかり元気です。

猫(2歳)の病院にかかった費用

猫(2歳)の2015年の診療費は約55,000円でした。

彼は2015年の3月にふらふらと庭に迷い込んできて、それ以来、定期的に通ってくるようになりました。数ヶ月間、様子を見ていましたが、近所に住んでいる家があるわけでもなく、野良猫のようだったので、我が家で暮らすことになりました。

病院での主な診察内容は下記の通りです。先住猫との共生を想定していたので病気のチェックはかなり念入りに行いました。

  • 去勢手術:15,000円
  • 猫7種混合ワクチン:7,000円
  • 血液検査:6,000円
  • マイクロチップ挿入:6,000円
  • 猫ウイルス検査:4,000円
  • ダニ予防薬:3,000円

去勢手術やワクチンがあったので、ちょうど野良猫を家猫にするための初期費用みたいな感じのリストになりました。ちなみに雌の場合は避妊手術となるので、プラス10,000円ほどコストが上がります。

尚、ウィルス検査の結果は問題ありませんでしたが、完全に陰性であることを確認するためには、他の外猫との接触を絶ってから3ヶ月以降に再検査することが望ましいとのことでしたので、室内に入れてから3ヶ月経過するまでは一人部屋(一匹部屋)が与えられました。贅沢ですね。

ごはん・おやつの費用

2匹の食事代はウェット、ドライ、おやつなどを合わせて年間約35,000円でした。ひと月あたり約3000円です。
猫(2歳)の体重は猫(14歳)の2倍くらいあるので食事の量も2倍くらいになりますが、猫(14歳)は高価なアレルギー療法食を食べているので、猫(2歳)の5倍くらいの食費がかかっています。

トイレ用品の費用

トイレ用品の約26,000円は主に猫砂の費用です。以前はウッドチップを使っていましたが、今は紙製の猫砂に変ました。
7リットル袋を週に1袋のペースで消費するので、年間でちょうど365リットル消費していることになります。2匹で730リットルです。
流せる猫砂とはいえ、トイレがつまらないか心配なので定期的に点検してもらっていますが、今のところ特に問題ありません。

おもちゃ、爪とぎ、キャットタワーの費用

猫(14歳)と猫(2歳)は現在まだ別々の部屋で生活しているので共有しているものはありません。
新入りの猫(2歳)のためにキャットタワー、つめとぎ、キャリーバッグ、ねこじゃらし、などを一通り買い揃えました。約23,000円かかりました。

書籍、その他の費用

猫に関する書籍や雑誌の費用です。
よくある「我が家の可愛い猫特集♪」みたいなジャンルはあまり読みませんが、最近は猫向けの住宅や建築に関する本が多く見かけられるので、その手の本を良く読みます。
ねこのきもちは4年くらい購読していましたが今は解約しています。

まとめ

以上、2015年の一年間で我が家の2匹の猫にかかった費用は215,230円でした。

ちなみに、アニコム損害保険株式会社が毎年発表しているペットにかける年間支出調査によると、同保険契約者が2014年の1年間に猫1頭にかけた費用は184,795円なので、これに比べればかなり安いと言えます。

いずれにしても猫と一緒に暮らすということは、それなりに大きな費用がかかるということですので、これから猫と暮らす人、新しい猫を家族に迎える人は、「こんなにお金がかかると思わなかった!」などと無責任なことにならないためにも、事前にきちんと支出の規模を把握しておくべきでしょう。

特集記事の最新記事