一度入ったら出てこなくなる猫のための冬用あったかベッドまとめ

一日の大半を寝て過ごす猫にとって寝床選びは重要です。そんな猫のためのベッドを集めました。

冬の寒い時期はエアコンで部屋を暖めていても、天井と床面では、10〜20℃くらいの温度差があります。暖かい空気は上に昇り、冷たい空気は下に降りるためです。

猫は人間よりも床に近い位置で移動したりトイレに行ったりしているので、我々が感じるよりもずっと寒いところで生活していることになります。

今回はそんな猫たちが寒い季節もぬくぬくで快適に過ごせるように冬用の猫ベッドを集めました。

ひとつは持っておきたい 冬にオススメな寝袋タイプの猫ベッド

抗菌防臭ふんわりカドルベッド
抗菌防臭ふんわりカドルベッド」は寝袋タイプの猫ベッドです。抗菌防臭加工のふわふわ生地で作られた大きな巾着袋のようなデザインで、潜り込んで眠る猫を見ているだけで幸せになれます。くるくるとたたんでおけるので夏場の収納場所にも困りません。

今年も大人気の猫をダメにするベッド

抗菌防臭ふんわりブランケット付ベッド
猫をダメにするベッドとして人気の「抗菌防臭ふんわりブランケット付ベッド」はクッションとブランケットが一体化した猫ベッドです。暖かいだけでなく抗菌防臭効果があるところも人気のポイントです。同シリーズにはボックス型のキャットハウスやベッドマットもありますので、シリーズで揃えて使うもの良いでしょう。

電気を使わずにぽかぽかな空間をつくるドーム型ベッド

おとぎ話のトンネル 蓄熱ベッド
パステルカラーのデザインが可愛い「おとぎ話のトンネル蓄熱ベッド」は、名前の通りトンネル型の猫ベッドです。素材の中にはさみこまれているアルミの蓄熱材が、外からの冷たい空気を遮断すると同時に猫の体温を逃がさないようにして、ぽかぽかの空間に保ってくれます。

猫のマカロンベッドは寒い冬の定番グッズ

ニャンともマカロンなベッド
ペッツルートから発売されている「ニャンともマカロンなベッド」はマカロンをモチーフにしたデザインの猫ベッドです。豊富なカラーバリエーションに加えて、大きめサイズの「ニャンともおおきなマカロン」というシリーズもあり、猫の大きさに合わせて選べます。

シャギー調のおしゃれな猫ベッド

猫ぶくろ保温クッション
毛足の長い素材の「猫ぶくろ保温クッション」は冬にぴったりの暖かい猫ベッドです。直径約50cmの大きめサイズなので、中に入った状態で寝返りをうったりごろごろ転がったりできます。カラーバリエーションがいくつかありますが、ピンク色の「スイートエレガンス」は毛足が短めのタイプになっています。

ベッドより布団派の猫におすすめ

蓄熱フルーツもぐりブランケット
まるで人間の布団のようなデザイン「蓄熱フルーツもぐりブランケット」は保温性に優れた猫用ベッドです。
蓄熱効果のある素材で作られており、猫の体温を外に逃さずに布団の中をぽかぽかに保つことができます。ハンドメイドが得意な方は枕を作ってあげるとさらにそれっぽくなります。

まとめ

以上、猫のための冬用あったかベッド特集でした。

今回紹介したのは、いずれも電気を使わずに猫の体温を逃がさないようにしてあたたまる仕組みなので、暖め過ぎて暑くなってしまうような心配がありません。

とはいえ、猫が使っていない状態で寒い部屋に置いてあれば冷たいままですので、なかなか猫が入ってくれないときは、ホットマットやホットカーペットなどと併用して、「この中に入ると暖かいよ」と教えてあげましょう。中に入ったら温度を下げるなり、電源をOFFにするなりしてあげると良いと思います。

今年の冬も可愛い猫が快適なぬくぬく生活を送れるように早めに準備しておきましょう。

もっといろんな猫ベッドを見たいという人は猫ベッドの商品一覧もあわせてご覧ください。

特集記事の最新記事