猫砂の掃除がしやすい人気のフード付きトイレ

デオトイレ フード付き

デオトイレ フード付き
デオトイレ フード付きはユニ・チャームから発売されているキャットトイレです。

フードオープン時
フード付きトイレのデメリットとして「トイレの中が見えにくいため猫砂の掃除がしにくい」という点が挙げられますが、このトイレはフード自体が開閉できる仕組みになっているため、掃除がし易いように工夫されています。

2015年12月から現在(2017年2月)まで、Amazonの「猫用トイレ本体」カテゴリでずっとベストセラー1位になっています。尚、同メーカーのキャットトイレにはフードなしのデオトイレ ハーフカバーもあります。

他社キャットトイレとのサイズ比較

真上から見たときのトイレの広さを、他社のキャットトイレと比較しました。トイレ選びの際に参考にしてください。サイズ表記は製品の外寸であり、トイレ内の正確な広さではありませんのでご注意ください。

デオトイレ フード付き
ユニ・チャーム ペット
デオトイレ フード付き
40.5×54cm
ニャンとも清潔トイレ オープンタイプ
花王
ニャンとも清潔トイレ
オープンタイプ
40×55cm
消臭・抗菌デオトイレ ハーフカバー
unicharm
消臭・抗菌デオトイレ
ハーフカバー
40×52.5cm

他にもこんな猫のトイレがあります

ユニ・チャーム ペットにはこんな猫グッズもあります