トイレの回数を自動的に記録できるスマートキャットトイレ

スマートねこトイレ Toletta - トレッタ


スマートねこトイレ Toletta(トレッタ)は、猫のトイレの利用状況を自動的に記録できる次世代のスマートキャットトイレです。神奈川県藤沢市の「株式会社トレッタキャッツ(旧社名:ハチたま)」が開発・販売しています。

トイレ内部に設置されたカメラによって、猫がトイレに入った時間、尿の量、体重の3種類を記録します。記録したデータはスマートフォンアプリでいつでも確認できます。AIねこ顔認識技術により、複数の猫のモニタリングも可能となっており、首輪などを装着しなくても個体識別ができるため、猫に余計なストレスがかかる心配がありません。


ほぼ同じ機能の製品に、シャープから発売されているスマート猫トイレ「ペットケアモニター」(本体26,784円+個体識別バッジ 4,298円)がありますが、Tolettaがカメラで個体を識別するのに対して、ペットケアモニターは首輪に付けたタグで個体識別をする仕組みになっています。

利用料金

サービス開始以降、定額課金制だったり買い切りだったりと料金形態が何度か変わっていますが、2022年9月現在は、初期費用(本体代金)6,980円+月額1,480円(いずれも税込)のサブスクリプション型のサービスになっています。

追記事項

2019/12/26 追記
2018年8月の発売以降、利用者は順調に増えており、2019年12月現在、ねこの利用頭数は2,000頭、 健康データの件数は100万件を超えています。

2020/7/1 追記
猫の健康状態に関する質問にLINEで回答すると「症状の緊急度」と「関連性がある疾患」をAIが自動で判定してくれる「トレッタAI先生」と、ビデオ会議システムの「Zoom」を使って獣医師や動物看護師に相談ができる「オンライン相談」のふたつのサービスが追加されました。また、2021年7月末時点で利用ねこ頭数が累計10,000頭を突破しています。

2022/09/22 追記
2022年9月16日にアメリカで開催された、革新的なペットケアサービスに送られるアワード「Pet Innovation Awards」のキャットトイレ部門において、トレッタが「Litter Box Product of the Year」を受賞しました。

他社キャットトイレとのサイズ比較

真上から見たときのトイレの広さを、他社のキャットトイレと比較しました。トイレ選びの際に参考にしてください。サイズ表記は製品の外寸であり、トイレ内の正確な広さではありませんのでご注意ください。

スマートねこトイレ Toletta – トレッタ
トレッタキャッツ
スマートねこトイレ Toletta – トレッタ
43×55cm
ニャンとも清潔トイレ オープンタイプ
花王
ニャンとも清潔トイレ
オープンタイプ
40×55cm
消臭・抗菌デオトイレ ハーフカバー
unicharm
消臭・抗菌デオトイレ
ハーフカバー
40×52.5cm

こちらから購入できます