リビングルームに最適な20畳タイプの加湿脱臭機

プラズィオン DAS-303E


プラズィオン DAS-303Eは富士通ゼネラルから発売されている加湿脱臭機です。

広い部屋でも使える20畳タイプなので、リビングルームにキャットトイレを置いている場合のニオイ対策に最適なモデルです。

独自の3重構造で猫トイレのニオイをしっかりカット

高速メガフィルターⅢ、オゾンユニット(高濃度オゾン)、消臭成分の放出(低濃度オゾン)の3段階の消臭システムにより、アンモニア臭やタバコ臭などの嫌なニオイを短時間で消臭・分解することができます。夏の暑い時期に帰宅するとキャットトイレの置いてある部屋から漂ってくる嫌なニオイも、わずか数分で綺麗にしてくれます。

2つのフィルターで空気中の猫の毛をしっかりキャッチ

プレフィルターで室内に漂うホコリや猫の毛はしっかりキャッチし、さらに集塵フィルターで花粉や細かいホコリをキャッチします。どちらのフィルターも交換不要なので経済的です。

フィルター交換が不要でメンテナンスも楽々

ニオイを分解する高速メガフィルターは、独自のヒーターユニットで加熱することで脱臭力を毎日回復するため、フィルター交換の手間とコストがかかりません。また、集塵用のプレフィルターも水洗いが可能となっており、こちらも交換の必要はありません。消耗品の費用がかからず、メンテナンスも非常に簡単です。

寝室でも使える静音設計

弱運転時の運転音は約20dBなので、寝室などでも快適に使うことができます。

空気を綺麗に保つ加湿&除菌機能

プラズィオンDAS-303Eは脱臭・集塵機能に加えて、室内の空気をうるおす加湿機能、空気中にプラズマイオンと低濃度オゾンを放出して菌を抑制し、さらに浮遊ウィルスを吸引するツイン除菌機能を搭載しています。

プラズィオンDAS-303EとDAS-15Eの違い

2017年10月現在、富士通ゼネラルから発売されている脱臭機は「プラズィオン DAS-303E」と「DAS-15E」の2種類があります。DAS-303Eは広さ20畳まで使えて加湿・除菌機能も搭載した上位機種で、DAS-15Eは広さ10畳まで対応している小型タイプです。

DAS-303EとDAS-15Eの機能比較
機種名 DAS-303E DAS-15E
タイプ 加湿脱臭機 小型脱臭機
適用床面積 ~20畳 ~10畳
脱臭機能 トリプル脱臭 トリプル脱臭
集じん機能 プレフィルター
集じんフィルター
プレフィルター
加湿機能 500㎖ / h なし
除菌機能 ツイン除菌 なし
フィルター交換 交換不要 交換不要
運転音 20dB〜52dB 20dB〜48dB

電気料金と年間コスト

弱運転時の消費電力は5Wなので、24時間つけっぱなしにした場合の電気料金は1日あたり3.2円、年間で1,183円です。(単価27円/1kWhで計算)です。

一般的な空気清浄機はフィルターの交換コストが年間5,000円〜10,000円くらいかかりますが、こちらの機種はそれが不要なため、年間のランニングコストは電気料金のみの1,183円となります。

製品仕様

プラズィオン DAS-303E 製品仕様
基本機能空気清浄、脱臭、加湿
適用床面積〜20畳
集じん方式プレフィルター、集じんフィルター
脱臭方式高速メガフィルターⅢ、オゾンユニット、消臭成分放出
風量0.7m³/分(最大3.3m³/分)
運転音20dB(最大50dB)
消費電力5W(最大40W)
電気料金
3.2円/1日あたり
97円/1月あたり
1,183円/1年あたり
※メーカーが公開している消費電力の最小値で24時間運転した場合の電気料金。
※単価は27円/1kWhで計算。
寸法幅300×奥行276×高さ446mm
質量6.2kg
電源ACアダプター

他にもこんな空気清浄機があります

富士通ゼネラルにはこんな猫グッズもあります