プラズマクラスターNEXT搭載の加湿空気清浄機

加湿空気清浄機 KI-JP100


加湿空気清浄機 KI-JP100は2018年にSHARPから発売された加湿空気清浄機です。

「プラズマクラスター」とは、SHARP独自の空気浄化技術の名称ですが、これまでの製品に搭載されていた「プラズマクラスター7000」・「プラズマクラスター25000」のイオン濃度が7,000個/cm³・25,000個/cm³であるのに対して、「プラズマクラスターNEXT」のイオン濃度は50,000個/cm³までアップしており、さらに空気浄化力が向上しています。

フィルターの特徴と交換寿命について

0.3µmの微小な粒子を99.97%以上集じんする「静電HEPAフィルター」、ニオイに加えて有毒ガスまで低減する「ガスもと~る脱臭フィルター」、内部へのホコリの侵入を低減して集じん性能の低下を抑える「ホコリブロックプレフィルター」の、3つのフィルターが搭載されています。

「静電HEPAフィルター」と「ガスもと~る脱臭フィルター」は交換の目安が10年、「ホコリブロックプレフィルター」は交換不要なので、基本的にフィルターのランニングコストはかからないと考えて良いでしょう。ただし、プラズマクラスターイオン発生ユニットは2年、Ag⁺イオンカートリッジは1年で交換が必要です。

電気料金と年間コスト

弱運転時の消費電力は5.3Wなので、24時間つけっぱなしにした場合の電気料金は1日あたり3.4円、年間で103円です(単価27円/1kWhで計算)。

消耗品にかかる費用は、プラズマクラスターイオン発生ユニット(7,560円/2個)の交換目安が2年なので、1年あたりのコストは1,890円。Ag⁺イオンカートリッジ(972円/1個)は交換目安が1年。

電気料金と消耗品代を合わせると年間のランニングコストは約4,116円となります。

※下表はメーカーカタログ記載の「空気清浄」機能のスペックをもとに計算しています。

製品仕様

加湿空気清浄機 KI-JP100 製品仕様
基本機能空気清浄、脱臭、加湿、除湿、PM2.5対応
適用床面積〜46畳
集じん方式プラズマクラスターNEXT 空中浄化、フィルター浄化
風量2〜10m³/分
運転音21〜54dB
消費電力5.3W〜95W
電気料金
3.4円/1日あたり
103円/1月あたり
1,254円/1年あたり
※メーカーが公開している消費電力の最小値で24時間運転した場合の電気料金。
※単価は27円/1kWhで計算。
消耗品代2,862円/年間
ランニングコスト4,116円/年間(電気料金と消耗品代の合計価格)
寸法幅427×奥行371×高さ738mm
質量17kg
電源ACアダプター

他にもこんな空気清浄機があります

SHARPにはこんな猫グッズもあります