省スペースに設置できる天井突っ張り型キャットタワー

キャットバンテージ プラス Ver2


キャットバンテージ プラス Ver2は壁を傷つけることなく、省スペースに設置できる天井突っ張り型キャットタワーです。

床側の土台の直径は約12.5cmなので、寝室などの狭い部屋にも設置できます。タワーには全部で10個のステップが17cm間隔で螺旋状に配置されており、一番上の大型ステップではゆっくりくつろげます。ステップの材料には11層の木製合板が使われており、表面にはカーペット生地が貼られています。


ちなみにこの「キャットバンテージ プラス Ver2」は、「キャットバンテージ プラス」の新モデルなのですが、スペックを見比べてもいまいち違いが良くわかりませんでした。

他機種との比較

本製品キャットバンテージ プラス(以下、キャットバンテージ)と、
突っ張り型キャットタワーで一番人気のあるボンビアルコン キャットポール(以下、キャットポール)とのスペックの違いをまとめてみました。

キャットバンテージ キャットポール
ステップのサイズ ロフト:61×38cm
中:31×18cm
小:26×14.5cm
ハンモック:34×34cm
ステップ:34×34cm
ステップの数 ステップ:10個 ステップ:5個、ハンモック:1個
ステップ同士の段差 7cm 33cm
ステップのレイアウト変更 ロフトは最上位固定だが、小・中ステップは入替可。角度調節は不可。 ハンモック・ステップともに自由に入替可。角度は45度間隔で調節可。
土台の直径 12.5cm 40cm
高さ調節幅 232~252cm 220〜265cm
価格 22,000円 16,200円

※価格は2020/2/7時点のAmazon.co.jpでの販売価格です。

キャットバンテージは各ステップ同士の間隔が短いがステップのサイズは小さく、キャットポールは各ステップ同士の間隔は長いがステップのサイズは大きく作られています。どちらの方が登り降りしやすいかは猫の大きさや年齢によりますが、小柄な猫やシニア猫なら前者、若い大柄な猫や複数で使う場合は後者の方が使いやすいのではないかと思います。

他にもこんなキャットタワーがあります

キャットタワーをお探しの方はこちらもどうぞ