Full Tower

キャットタワー(突っ張り型)

天井まで届く突っ張り型の大型キャットタワーです。
地面と天井の2ヶ所で固定するので、高さが2メートルを超える巨大なタワーでもぐらぐら揺れることなく、しっかりと安定しています。
シンプルながらも存在感抜群のシングルポール型から、キャットウォークのように使えるダブルタイプ、2本のポールを橋のように繋いだブリッジタイプなど、様々なデザインバリエーションがあります。

価格で絞り込む

いろいろな突っ張り型キャットタワー

キャットポールタイプ

1本の支柱に螺旋状に棚板がついているタイプのシンプルな突っ張りキャットタワーです。
省スペースに設置できるので部屋の中の好きな場所に設置できるのがメリットです。

棚板が全く付いていないタイプもあり、これは一気に頂上まで駆けあがれるので、とにかくあちこち行きたがるアグレッシヴな猫にはぴったりです。

キャットウォークタイプ(ダブルタイプ)

海外のサイトでよく見られるキャットウォークは、壁に棚板が埋め込んであり、猫がその上を自由に移動できるようになっているものです。猫好きなら誰もが憧れるシチュエーションですが、壁に穴を開けなければならないため、自分の持ち家でない限り設置は難しいですし、特に賃貸住宅ではまず無理です。

そんなときはこのキャットウォークタイプの突っ張りタワーを壁沿いに設置すれば、猫好きの憧れであるキャットウォークを擬似的に再現できます。

メーカーによってデザインは異なりますが、基本的には2本の柱に交互に棚板が取り付けられており、それをジグザグに登れるようなるようなつくりになっています。

2本の支柱を1メートル以上の長さの棚板で橋のように繋いだブリッジタイプもあります。

タワータイプ

見た目は普通のキャットタワーですが、支柱の一つが天井まで伸びているタイプです。

据え置き型のキャットタワーと比べると、天井側でも固定されるため非常に安定感があり、さらに省スペースに設置できるというメリットがあります。

体重が5kgを超えるくらいの猫の場合、助走をつけてタワーに飛び乗るとかなり揺れるので、接地面積の少ないキャットタワーを選ぶ時は、据え置き型タワーよりも突っ張り型タワーにした方が良いでしょう。